300

300(スリーハンドレッド)
2007年、アメリカ
監督、ザック・スナイダー
出演、ジェラルド・バトラー,レナ・ヘディ

あらすじ

300.2
紀元前480年、スパルタ王レオニダスの元にペルシア帝国の使者が訪れる。
ペルシア王クセルクセスの要求は「土と水」、つまりは服従だった。
だがレオニダスは使者を葬り去ってしまう。

300.4
それに激怒したクセルクセスは100万の軍をスパルタに向かわせる。
レオニダスはスパルタ全軍で迎え撃とうとしたが、デルポイの神託によって非戦が決定してしまう。

300.3
このままでは、戦いもせずにペルシア帝国の支配下に入ってしまう。
レオニダスは散歩と称して300人の軍を引き連れ、100万のペルシア軍を迎え撃つのだった・・・。

感想

スパルタ教育って言葉を初めて理解しました。
こういうことなんだねwww

生まれた時から戦うために育てられる。
そして一人前と認められる儀式では、パンツ一丁で雪山に放置されて猛獣を倒さなきゃいけない・・・。
いやスパルタすぎるだろw

まぁそんだけの教育を受けてるから、スパルタ人はむちゃくちゃ強いんですよ!!
そして死ぬことさえも恐れてない。
まさに生粋の戦士なんだよね。
そんなスパルタ人の生き様を描いた映画なわけなんだけども。

戦闘シーンが大迫力で物凄くカッコいい。
というか、美しいんだよね。
なーんもストーリーなくても、ただこの映像流してるだけでも映画として成立するんじゃないかってくらい。
たまにスローモーションになったりするんだけども、それもまたいいんだよなぁ。
映像も綺麗だし、ぽーっと魅入っちゃうよね。
まさに現代の映像技術を最大限に生かした映画って感じなんじゃないかな。

にほんブログ村 映画ブログへ