j_kvEBcQERf9tce1430609369_1430609419

アメリカンヒストリーX
1998年、アメリカ
監督、トニー・ケイ
出演、エドワード・ノートン、エドワード・ファーロング

あらすじ

zLZElA4Sb1EOmFb1430608123_1430608133
この物語の主人公デレクは強烈な白人至上主義者。
何故なら、父親を黒人に殺されたから。
事あるごとに、黒人等と敵対して問題を起こしていた。

CjAnTn6BZ6mt3je1430608152_1430608162
そしてついに事件は起こった。
敵対していた黒人グループがデレクの父親の形見の車を盗もうとしてるのを見付け、
怒りに身を任せてグループの1人を殺してしまったのだ。
デレクは刑務所に収監されることとなった。

sr8koVKU6iRphyt1430608242_1430608254
数年後、出所したデレクはまるで別人のようだった。
トレードマークのスキンヘッドをやめ、穏やかで平等な心を持っていた。
一体、刑務所の中でデレクは何を見たのか。
何を感じたのか。

アメリカに根付いている社会問題を
鋭く描いた衝撃の問題作。

感想

衝撃の映画だった。
見終わったあと、その場から動けなくなるくらいに考えさせられた。
人種差別っていうとてつもなく重いテーマだけれども、この映画は見ておくべきだと思う。

特に心に刺さったのはこのセリフ。

憎しみは、君を幸せにしたか?

すんっごいシンプルな問いかけなんだけど、響く。
今まで生きてきて、憎しみ合ったりしたけれどそんな風に考えたことはなかったから。

憎しみは誰も幸せにならない。
そしてより多くの不幸を生む。
それでも人は争いやイジメを繰り返すんだよね・・・。
これって、人類全体としてのテーマなのかもね。

そして特筆すべきはエドワード・ノートンの演技!!
ハンパねーですよ彼は。
人を殺してしまって、警察に取り押さえられるシーンがあるんだけど、
自分の弟のことを見て笑うんだよね。

8PvouSwso95yWJ71430696570

この顔みた時、鳥肌たっちゃったよ。

強がって笑っているのか
心配するなって笑っているのか
それとも、優越感で笑っているのか。
その全部が伝わって来るような表情だった。
もう一発でファンになっちゃうよね!

僕的にはもう満点のこの映画!
めちゃくちゃオススメですんで是非見て下さい!!!

にほんブログ村 映画ブログへ