オーロラの彼方へタイトル

オーロラの彼方へ(原題:Frequency)
2000年、アメリカ
監督、グレゴリー・ホブリット
出演、ジェームズ・カヴィーゼル,デニス・クエイド

あらすじ

オーロラの彼方へ3
1969年、ニューヨーク上空に美しいオーロラが出現した。
その日、消防士のフランクは一人の女の子を助けるために、火災現場の中に単身飛び込んで殉職してしまう。
妻ジュリアと6歳の息子ジョンを残して・・・。

オーロラの彼方へ
それから30年後の1999年。
フランクの息子ジョンは立派に成長していた。
ジョンはその日、ひょんなことから父親が使っていたアマチュア無線機を押入れから見つけ出す。
懐かしさもあって、電源を入れてみると男の声が聞こえてくるのであった。

オーロラの彼方へ2
「こちらCQ15。そちらは?」
ジョンが自分の無線機の番号を見てみると、CQ15とまったく同じ番号だった。
そしてその男は1969年のワールドシリーズのニューヨークメッツのことばかり話すのだった。
最初は友達のイタズラかと思ったが、その男が向こうで自分の息子を呼ぶ「チビ隊長」というあだ名にジョンはハッとするのだった。
それはジョンの父親フランクが、ジョンを呼ぶあだ名と一緒だったからだ。
そしてその男に日付を聞くと、偶然にもフランクが殉職した火事の前日なのであった・・・。

—それはオーロラがもたらした奇跡の始まりだった—

感想

簡単に言うとオーロラの不思議な力によって、死んでしまった父親と息子が時空を超えて会話できるって話なんだけども。
本当に大好きな映画の一つ。
こんな素敵な映画があるから、もっと映画を見たいって思えるんだよね。

何よりこの映画の凄いところが、ただの感動ものじゃないってところ!
あらすじだけ読むと、父と子の感動ストーリーだと思うでしょ?
違うんですよ!
何とそこに、もう一つサスペンス要素まで加わっちゃうんですよ!!!
感動+ハラハラまでできちゃうなんてね。
だからジャンルが結構謎なんだよねwww
SFなのか、ドラマなのか、サスペンスなのか。
まぁ時空を超えるから、SFでいいのかなとは思うけども。

ところどころで鳥肌立っちゃうんだよなぁ。
それくらい良いシーンが多くて、感動しまくりの名作。
是非とも全人類に見て欲しいwww

そういえば調べたところ、オーロラによって無線に影響が出るって実際にあるみたい!!!
でもさすがに時空は超えないよね?www
多分、通信に障害がでちゃって会話できないとかのレベルだよねw

にほんブログ村 映画ブログへ