コラテラル

コラテラル
2004年、アメリカ
監督、マイケル・マン
出演、トム・クルーズ,ジェイミー・フォックス

あらすじ

コラテラル4
主人公マックスは平凡なタクシードライバー。
仕事は真面目でベテラン。
将来はリムジンサービスの事業を起こす夢を持っていた。

コラテラル3
その日もいつも通りに客を乗せたが、その客からあることを提案される。
700ドル払うから1日貸切にして欲しいと。
規定違反になるからと最初は断るマックスだったが、欲に負けてつい了承してしまう。

コラテラル2
それが不幸の始まりだった。
なんとその客ヴィンセントは殺し屋で、対象となる人間を殺してまわるためにマックスを利用したのだ。
一人目の被害者の死体をタクシーのトランクに詰め込むヴィンセント。
そして運転以外に余計なことをするならマックスも殺すと脅されてしまう。

平凡に生きてきた男マックスの人生最大のピンチが始まる。

感想

巻きぞい度数、マックスだけにMAX!!!

ヴィンセントをタクシーに乗せたばっかりに不幸のどん底に行くっていう、とんでもなくツイてない男の物語。

まず殺し屋のヴィンセント役がトム・クルーズなんだよね!
めずらしいよね、トム・クルーズが悪役なんて。
他にあるのかな?
コラテラル1
ハンサムすぎて写真だと悪役に見えないけどw
でもけっこう冷酷な殺し屋やってます。

これどうなっちゃうのよ?!みたいなハラハラする感じじゃなくて、冷静に続きが気になるw
内容的には結構おもしろかったかなー。
もうマックスじゃなくていいじゃんwって途中思ったけれども。

この映画のシビれたセリフ

広大な宇宙に比べれば人間なんて塵みたいなもんだ。
瞬きする間に消える、俺もお前も。
誰が気にする?

にほんブログ村 映画ブログへ