クリード

クリード チャンプを継ぐ男
公開日2015年12月23日
監督:ライアン・クーグラー
出演:シルベスター・スタローン,マイケル・B・ジョーダン

予告動画

あらすじ

アドニス
愛する妻に先立たれ、孤独に暮らすロッキー(シルベスター・スタローン)の前に突然現れた若者アドニス(マイケル・B・ジョーダン)。
アドニスは今は亡き親友アポロの息子だった。
その純粋さとボクシングへの情熱に、アポロの面影を見たロッキーは、持てる全てを彼に託し、二人で頂点を目指すことを誓うのだった。

クリード4
親の七光りだとあざ笑われても、リングに叩き付けられても、アドニスは絶対に夢を諦めない。
たぎる血の中には、父親アポロが、後ろにはロッキーがついている。
どんな強敵を前にしても一歩も引かず、二人のチャンプに支えられ闘うのだ。

アドニス2
しかし、世界タイトル直前、ロッキーの体に異変が起こる。
死に至る病を宣告され「長生きするより、女房と一緒にいたい・・・」と嘆くロッキー。
そんな彼の心に再び火をつけたのは、「二人で闘おう」というアドニスの言葉だった。
果たして絶対的に不利な闘いに奇跡は起こるのか?

(参考:公式サイト)

キャスト

シルベスター・スタローン
シルベスター・スタローン
(ロッキー・バルボア役)

マイケルBジョーダン
マイケル・B・ジョーダン
(アドニス・ジョンソン役)

テッサ
テッサ・トンプソン
(ビアンカ役)

アンソニーベリュー
アンソニー・ベリュー
(リッキー・コンラン役)

ロッキーがセコンドになって帰ってきた!!!

クリード2

友情、愛、信じる心―――
夢を叶えたい全ての人に贈る興奮と感動のストーリーここに誕生!

シリーズの第一作目が公開されたのが1976年。
ということは、今2016年だから・・・なんと40年続いているシリーズなんですね!!
「ロッキー」はシルベスター・スタローンをスターへと導いた作品ですから、本人も感慨深いモノがあるでしょう。
スタローンはまだ売れていない頃に自分で「ロッキー」の脚本を書いたんですよ。
そして脚本を映画会社に持ち込んだところ、お偉いさんが脚本を気に入ってくれ映画化が決定。
有名なハリウッドスターを主演にして製作しようと話は進んだが、スタローンは「自分が主役じゃないなら脚本は渡せない!」と断固拒否します。
映画会社もこの脚本を相当気に入ったみたいで、脚本料を36万ドルまで吊り上げましたが、スタローンはそれでも納得しません。
「貧乏とはうまく付き合うことができる。」
高額な脚本料に目もくれず、自分が主役になることだけに拘り続けます。
そして長い話し合いの末、ついにはスタローンが主役となって撮影がスタートするんですよね。
結果的に、「ロッキー」は大ヒットしてスタローンは大スターへとなっていきました。
そんな思い入れのある作品だからこそ、40年経った今でも新しい章ができたのかもしれませんね。

主役はアポロ・クリードの息子

ロッキー7

今作の主役はアポロ・クリードの息子です。
ロッキーシリーズを見てる人なら誰もがご存知あのアポロです!
ロッキーにとって、最大のライバルであり最高の親友。

アポロは試合中にリング上で息を引き取ってしまうのですが、その時のセコンドはロッキー。
自分がタオルを投げて、試合を中断させてればアポロは死なずに済んだかもしれない・・・。
ロッキーはずっと自分を責めてきたが、アポロの息子のアドニスが突如目の前に現れる。
「俺を鍛えてくれ。」
ロッキーはアドニスを一人前のボクサーにすることで、アポロへの罪滅ぼしをしようとします。

相手役はプロのボクサー?

クリード5

チャンピオン役のアンソニー・ベリューは、本物のプロボクサーらしいです。

アンソニー・ベリュー
英国人俳優。
ライトヘビー級のプロボクサーでもある。
元コモンウェルスイギリス連邦およびWBCインターナショナル・ライトヘビー級チャンピオンで、世界タイトルの挑戦者でもある。
アマチュア選手としてイングランドアマチュアボクシング協会(ABA)ヘビー級チャンピオンに3度輝いた経験をもつ。(引用:公式サイト)

これは試合シーンもカッコよく撮れてそうですね!

まとめ

スタローンファンの僕としては、こういうスピンオフ作品が本当に嬉しいです!
ランボーも最新作がもうすぐだとか・・・。
ただ今回スタローンがファイトする立場じゃなくて本当によかった・・・w
前作ロッキー・ザ・ファイナルでは、年齢的に無理ありすぎだろって突っ込みなしじゃ見てられませんでしたからねwww