グラディエーター

グラディエーター
2000年、アメリカ
監督、リドリー・スコット
出演、ラッセル・クロウ,ホアキン・フェニックス

あらすじ

グラディエーター2
西暦180年ローマ帝国、皇帝から絶大な信頼を得ていた平民出身の将軍マキシマス。
マキシマスはその勇敢さや正義感から次期皇帝に指名される。
だが、それを妬んだ皇帝の息子コモドゥスは皇帝を殺してしまう。
そして、後継者として即位したコモドゥスは、マキシマスとその家族を処刑するよう命じるのだった。

グラディエーター1
マキシマスはその場から何とか逃げ出し、家族がいる故郷へと馬を飛ばす。
だが着いた時には、既に家族は処刑された後だった・・・。
泣き崩れるマキシマス。
そして疲労と絶望から気絶してしまう。

グラディエーター4
目覚めるとマキシマスは奴隷商人に拾われていた。
そして剣闘士団を運営するプロキシモに買われて、闘技場で戦うことを余儀なくされる。
多くの奴隷たちが闘技場で惨殺される中、マキシマスは生き残ることはできるのか—

感想

こういうローマ帝国系の映画って苦手意識があったんだよね。
タイトル見ただけで、また今度でいいやってw
でもグラディエーターを見た瞬間、

大好きになりました

ラッセル・クロウがもう反則的にカッコよすぎる。
これに惚れない男はいないんじゃないの?ってくらい。
まさに男が男に惚れるってやつだね!!

闘う前に、闘技場の砂に触ってその匂いを嗅ぐシーンがあるんだけど、すごい印象に残ってる。
何気ない仕草なんだけど強者のオーラがビンビンに出てるんだよね。

栄光、絶望、怒り、そして愛。
全ての感情が心に突き刺さってくる。
歴史映画の最高峰と言っても過言じゃない映画「グラディエーター」。
見逃してる人は今すぐレンタルショップに行きましょう!!!

にほんブログ村 映画ブログへ