ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー
2010年、日本
監督、中村義洋
出演、堺雅人、竹内結子

あらすじ

ゴールデンスランバー1
主人公、青柳雅春は大学時代の友人・森田森吾に数年ぶりに呼び出されていた。
だが森田の様子はどこかおかしかった。

ゴールデンスランバー2
森田は首相凱旋パレードがやっている道の近くに車を停め、話し始めた。
「お前、オズワルドにされるぞ。」
これから起こる事件の犯人に仕立てあげられるというのだ。

ゴールデンスランバー3
その時、凱旋パレードの方から爆発音が聞こえた。
何と首相が暗殺されたのだ。
森田は言う。
「逃げろ、無様な姿を晒してもいい。逃げろ。そして生きろ。」
森田の乗っていた車は爆発した。

ゴールデンスランバー4
自分に起こっていることを理解できない青柳。
だが警察官が追ってきた。
容赦なく発砲してくる。
無実を証明することは出来るのか?
青柳雅春の逃走劇が今始まる。

感想

主人公、青柳役の堺雅人が最高に輝いてる!!!
堺雅人ってこういう役めちゃくちゃ合うよね。
弱々しくて、どこかマヌケで頼りない。
だけど、正義感があって、お人好しで。
なんか応援したくなるようなキャラクター。
鍵泥棒のメゾットでも似てる雰囲気の役だったけどあれも最高だよね。

それで逃走するにあたって、昔の恋人や友達、知り合いが助けてくれるんだけども。
みんなが青柳を信じてる。
青柳がそんなことするわけがないって。
人と人との絆が心を暖かくさせてくれる映画ですたい。

好きなシーン

ゴールデンスランバー5
ああぁぁあー・・・

ゴールデンスランバー6
チュウしちゃった。

結論
竹内結子は可愛かった。

にほんブログ村 映画ブログへ