不屈の男1
不屈の男 アンブロークン(原題:Unbroken)
公開日2016年2月6日
監督:アンジェリーナ・ジョリー
出演:ジャック・オコンネル,MIYAVI

予告動画

あらすじ

不屈の男2
イタリア移民の子であったルイス・ザンペリーニは、手の施しようのない不良だった。
しかし10代の頃、兄ピートの励ましのおかげで、1936年のベルリンオリンピック5000mで驚異的な記録を打ち立て、一躍英雄となった。

不屈の男3
第二次世界大戦で爆撃手となったルイ。
彼を乗せた戦闘機は海に墜落してしまい、47日間の漂流の後ルイスは日本軍に見つかり捕虜として拘束されてしまう。
ルイは、東京の大森捕虜収容所に送られた。

不屈の男4
そこで精神のバランスを欠いた収容所署長、サディスティックな振る舞いによって“鳥(バード)”とあだ名された渡辺伍長に目をつけられることになる。
ルイは執拗な拷問を受けるが、不屈の精神で必死に耐え、解放の時を待つ—。

参考:不屈の男 アンブロークン 公式サイト

キャスト

ジャック
ジャック・オコンネル
(ルイ・ザンペリーニ役)

Miyavi
MIYAVI
(渡辺役)

domhnall-gleeson-n-2
ドーナル・グリーソン
(フィル役)

GarrettHedlund03
ギャレッド・ヘドランド
(フィッツジェラルド役)

アンジェリーナ・ジョリー監督の話題作、一年遅れで日本上陸!!

「意味のない拷問マラソン」
「純粋に忍耐するという空しさ」

ニューヨーク・ポスト

アメリカでは1年前に公開されていた本作品。
どうやら、米メディアでは辛辣な批評を受けたみたいですね。。

日本でも公開前に「反日映画」ではないかと話題になりました。
実際のところ、日本兵による残虐な虐めの描写はあるものの、特に反日の内容ではないようです。

不屈の男5
渡辺役のMIYAVIさん。
スラップ奏法で人気のある日本のギタリスト。
今作はいじわるな役のようで、どんな演技を見せてくれるのかも注目ですね。

いろんな意味で話題になっている今作ですが・・・
「批判は自由だが、見てから言うべきだ」との映画関係者の言葉通り、
気になっている方は、是非劇場でご覧下さい。

『不屈の男アンブロークン』
感想まとめ