パニックルーム

パニック・ルーム
2002年、アメリカ
監督、デヴィッド・フィンチャー
出演、ジョディ・フォスター,クリステン・スチュワート,フォレスト・ウィテカー

あらすじ

パニックルーム1
主人公メグは夫と離婚したばかりで、娘と住める新居を探していた。
そこで不動産屋に紹介してもらったのは、以前に老富豪が住んでいたニューヨークの豪邸だった。

パニックルーム2
部屋を案内されるうちに、メグはおかしなことに気付く。
空間に対して部屋が狭いのだ。
その理由は緊急避難用の小部屋「パニック・ルーム」の存在だった。

パニックルーム3
メグたちは新居をそこに決め、引越しをした。
だが引越し初日の夜、不審な3人組が家に侵入する。
彼らはメグたちが引っ越してきてるとは知らずに、老富豪が残した隠し財産を盗みに来たのだ。
メグはそれに気付くと娘を連れ、パニック・ルームに隠れるのだが、隠し財産はパニック・ルームにあるのだった。
3人組はあらゆる手を尽くし、パニック・ルームに侵入しようとする。

感想

なんか恐ろしいような、間抜けなようなそんな作品www
監督がデヴィット・フィンチャーなんで、独特の暗い雰囲気で作られてるんだけど、泥棒達が結構間抜けなのwww
何も考えずに寝る前とかに見たいかなー。
特に深い意味とかはないと思われるので、じっくり考えて見たい人にはオススメしないよ。

ただ、家とパニック・ルームって小さな空間だけで話が進んでいくのは面白いよね。
なんでそういう発想になったんだろう。
その時期、緊急避難用の部屋って流行ってたのかな?www

にほんブログ村 映画ブログへ