ロビンフッド

ロビン・フッド
2010年、アメリカ
監督、リドリー・スコット
出演、ラッセル・クロウ,ケイト・ブランシェット

あらすじ

ロビンフッド1
12世紀末、十字軍の兵士としてフランスとの戦いに加わっていたロビン。
だがイングランド軍リチャード王が殺されてしまい、仲間を引き連れ足早に部隊を離れるのであった。

ロビンフッド4
道中、リチャード王の王冠を運ぶ任務についていた騎士ロバート・ロクスリーの暗殺現場に遭遇する。
そして瀕死のロバートから剣を自分の父親に届けて欲しいと頼まれる。

ロビンフッド2
ロビンは騎士ロバートになりすまし、王冠をリチャード王の母に返還すると、ロバートの故郷ノッティンガムに向かうのだった。

感想

グラディエーターのリドリー・スコット監督とラッセル・クロウのタッグ!

ロビン・フッドは何故アウトローとして追われる身になったかを描いた物語なんだけど。
グラディエーターという名作があるからこそ、どうしても比べてしまうんだよね。
ぶっちゃけ僕には今一つな作品でした。
というか僕が全然歴史に詳しくないから映画に入り込めないっていうのもあったかな・・・。
そしてロビン・フッドという人物も名前と弓使いって情報しか知らないしwww
だからロビンに感情移入もできず、なんか映画に置いてけぼりをくらってる感じでした。

ラッセル・クロウのカッコよさは相変わらずなんだけどねー。
もっと歴史に詳しかったり、ロビン・フッドに興味があれば楽しめた映画なのかな。

にほんブログ村 映画ブログへ