ルパン三世

ルパン三世 カリオストロの城
1979年、日本
監督、宮崎駿

あらすじ

ルパン三世1
世界的大泥棒ルパン三世と相棒の次元大介は、国営カジノの金庫から現金を盗み出すことに成功する。
だが、盗んだ金は「ゴート札」と呼ばれる巧妙に作られた偽札だと気付くのだった。

ルパン三世2
「ゴート札」の秘密を暴こうと、出処と疑われているカリオストロ公国に入国したルパン達だったが、そこで黒ずくめの男達に追われる花嫁と遭遇する。
ルパンは花嫁を助けようとするが、結局連れ去られてしまう。

ルパン三世5
花嫁の正体はカリオストロ公国の王位継承者クラリス・ド・カリオストロだった。
ルパンはまだ泥棒として駆け出しの頃、この国の「ゴート札」の秘密を暴こうとするも失敗し、倒れているところを救ってくれた少女だと思い出す。
ルパンはクラリスを救うべく、カリオストロの城に侵入を試みるのだが・・・。

感想

宮崎駿の映画初監督作品。
伝説はここから始まったんだねー。
それにしても映画初監督作品で歴史に残るような名作を作り上げちゃうって・・・。
宮崎駿先生には脱帽です!!!

ルパンって原作も含めて色んな方が描いてるけども、このルパンが一番カッコイイなぁ。
気取りすぎす、間抜けすぎず、エロすぎず。
何より凄く人間味を感じる。
ルパンっていうキャラクターが宮崎駿の手によって更に洗練されたんだろうね。
だから僕の中でのルパンのイメージは全部この映画がベース。
たまに他のルパン作品を見ると何かしっくりこないんだよねw

内容も抜群に面白い!!
テンポの良いストーリーに魅力あふれるキャラクター。
そして手に汗握るクライマックス!
映画の良いとこ全部入ってますw

1979年公開の作品なのに、未だに色褪せない。
この名作だけは見逃してはダメだよ!!!

食事するシーンで、ゆで卵の黄身をスプーンでくり抜いて食べてるシーンに憧れてよく真似したなぁ。
観たことある人はきっと一度は真似したよね??w

にほんブログ村 映画ブログへ