るろけん京都

るろうに剣心 京都大火編
2014年、日本
監督、大友啓史
出演、佐藤健、武井咲、藤原竜也


あらすじ

るろけん大火
薫や弥彦と平和に過ごしていた剣心の元に不穏な噂が耳に入る。
志々雄真実が、国を乗っ取る為に京都で動き出したというのだ。
志々雄は、剣心が幕末の騒乱の中で人斬りをやめた後に、剣心の代わりとなって暗殺を任せられていた。
言わば、剣心の後輩とも呼べる人物だ。
目的の為なら手段を選ばない、危険な思考の持ち主である。
剣心は政府から志々雄討伐の協力を頼まれていたが、京都に行くべきか迷っていた。

るろけん大火1
志々雄の国取りの計画はまず、大久保利通の暗殺から始まった。
志々雄が従える「十本刀」の一人である瀬田宗次郎は物凄い速さで大久保の乗っている馬車に乗り込み、白昼堂々と大久保を殺害してしまう。

るろけん大火2
剣心の身の危険を心配し、京都行きを必死に止める薫と弥彦。
しかし剣心は、悩みながらも京都に行くことを決意し、薫に別れを告げ京都へと向かった。

るろけん大火3
剣心は志々雄を止めることが出来るのか。
幕末の影に潜んだ暗殺者の過去を持つ二人の戦いが始まった。


感想

これは公開早々、劇場に見に行きました。
いやー・・・志々雄怖いねー!!
大スクリーンでの志々雄ドアップは怖かったwww
漫画で見るとそんなに怖くないけど、実写にするとすごいのね!

内容的には、まさに前編。
プロローグって感じ。
アクションシーンも少なめでちょっと物足りなさを感じたかなー。

でも原作と少し違ってて、オリジナル要素的な部分が多々あったからそこは良かった!

一番びっくりしたのは、宗次郎役の神木隆之介くん。
まさに漫画から飛び出して来ましたって感じで、宗次郎そのままやん!!って思わず笑いそうになったwww

とりあえず、志々雄の存在感と不気味さを上手く演じきっている藤原竜也にちゅうもくーーー!!!!