saw

ソウ(原題:saw)
2004年、アメリカ
監督、ジェームズ・ワン
出演、ケイリー・エルウィス、リー・ワネル


あらすじ

saw2
目覚めると、知らない部屋。
足は鎖で繋がれていた。

saw4
向かい側にも同じ状況の男。
部屋の中央には、自殺死体が転がっている・・・。

saw5
置いてあったテープレコーダーから流れるメッセージ。
「6時までに相手を殺せ。
さもなくば、自分が死ぬことになる。」
与えられたのは一発の銃弾、二本の煙草、・・・そして二本のノコギリ。
二人は生きてここから出ることは出来るのか?

「さぁ、ゲームを始めよう。」


感想

僕がこの映画に出会ったのはレンタルビデオ店。
パッケージが凄い印象的で、紹介文にはあの「CUBE」を超える面白さ!なんて書いてあったのよ。
ホントかよー。と思いつつ見てみたら、

超えましたwww

面白すぎ!そして、完璧な伏線と完璧な結末。
見終わった時、深夜2時だったのにも関わらず

ひょえええぇぇぇええ!!

って叫んでたwww

こんな面白い話し作れるって凄いよねー。
頭の中どうなってんのよ。

僕的には最高の映画な訳なんだけど、悪いとこをあげるとすれば
まじでグロいwww
苦手な人にはちょっとキツいかもしれないなぁ。
でもこのグロさあってのハラハラ感とかだったりもするからね。
グロい以外は保証できる面白さなんで、是非見てみてね!!!