ストーンタイトル

ストーン
2010年、アメリカ
監督、ジョン・カラン
出演、ロバート・デ・ニーロ,エドワード・ノートン,ミラ・ジョヴォヴィッチ

あらすじ

ストーン1
もうすぐで定年を迎えようとしている仮釈放管理官のジャック。
彼が最後に担当することになったのは、放火犯のストーンだった。

ストーン
ストーンはお喋りで反抗的な態度だった。
なので真面目なジャックとは上手く噛み合わず、面談はなかなか進まなかった。

ストーン2
そこでストーンは自分の妻ルセッタに協力させることを思い付く。
ジャックのことをルセッタに誘惑させ、仮釈放しようというのだ。
最初はルセッタと刑務所外で会うことを拒んだジャックだったが・・・。

感想

完全にキャストだけでチョイスして観ました。
だって、デニーロ、ノートン、ミラ・ジョヴォヴィッチだよ!!??
すっげぇメンツwww

で、ワクワクしながら観た訳だけど。
めちゃくちゃ難しいのねwww
1回じゃ理解できなかったなー。
というか、キャストすごーい、わーい見てみよう♪ってノリで見る映画じゃないね。
宗教も凄く絡んでるから日本人には、ちょっと理解しがたいのもあるかも。

見どころは、エドワード・ノートンの髪型かな。
コーンロウ?っていうらしいんだけど、カッコいいよ!
アメリカのギャングっぽい感じで、似合ってる。
あとはミラ・ジョヴォヴィッチのエロスでしょうw

まとめちゃうと、人間の善と悪を描いた作品。
神を信じてるかどうか。
映画は深~く考えながら観たい!って人で興味があるならばお勧めします。
適当にキャストでチョイスすると・・・ケガしますよwww

にほんブログ村 映画ブログへ